blog index

山中問答

東京の青梅市よりローカルなブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
高水山常福院
高水山常福院から高水山、岩茸石山(いわたけいしやま)を歩き、常福院に戻る。
日差しは強いが涼しい風が吹きさわやかに歩くことができた。
常福院は真言宗豊山派とのことですが、なぜか本堂の正面に木で作られた大きな刀が3刀置かれてる。
寺のことはよく知らないのですが、このような寺は珍しいのでは?
神仏習合の影響なのでしょうか。

高水山山頂のすぐ下に常福院はある。
常福院 1

常福院 2
   高水山常福院   青梅市

岩茸石山へ
   高水山から岩茸石山へのハイキングコース

コースからの景色(高水山)
   ハイキングコースからの景色         

岩茸石山
   岩茸石山山頂   青梅市と奥多摩町の境

植物花 フジイバラ  バラ科バラ属
名前は確かではありません、あるいはノイバラ?
フジイバラ 1

フジイバラ 2
   フジイバラ   高水山
| rihaku | 青梅市の寺 | 22:03 | comments(4) | - |
塩船観音寺の金剛力士像 (青梅市の寺)
青梅市の塩船観音寺に行く。
新聞などでも紹介される塩船観音寺のつつじ祭は終わってる。
本堂は屋根の葺き替えようの足場で囲まれているが、拝観はできる。
つつじ祭りが始まる前(4月初め?)に来たときは仁王門の屋根の葺き替え(茅)が終わり、本堂は足場が組まれていたが葺き替え作業は始まっていなかった。
今日見ると足場はツツジ祭りの前の状態で葺き替えはこれからのようだ。

塩船観音 1
   仁王門   塩船観音寺(青梅市塩船)

金剛力士像は木枠で囲まれているが、金網はない。
塩船観音 2

塩船観音 3
   金剛力士像(あぎょう?)   仁王門

塩船観音 4

塩船観音 5
   金剛力士像(うんぎょう?)   仁王門

仁王門の先に阿弥陀堂がある。
塩船観音 6
   阿弥陀堂   塩船観音寺
| rihaku | 青梅市の寺 | 21:52 | comments(2) | - |
即清寺 2 (青梅市)
青梅市の吉野街道沿い南の山際にある即清寺(そくせいじ)に行く。
近くに吉川英治記念館がある。(記念館へは吉野街道を奥多摩湖方向に徒歩約5分。)
即清寺の隣の山は公園で、公園に登ると多摩川、青梅線を挟んで雷電山や辛垣城跡がある山並が一望できる。
その山並の尾根には青梅丘陵ハイキングコースがあり、全長を歩いたことがあります。
この即清寺は以前にも記事にしています
なお愛宕山明王院即清寺は真言宗。

隣の公園(山)に行く登り道から撮る。
即清寺 1
   即清寺(左から本堂、鐘楼、山門)   青梅市柚木町

即清寺 2
   即清寺の山門へ

山門のクローズアップ。
即清寺 3
   山門   即清寺

山門(仁王門?)の像ですが名前は分かりません。
金網越しに撮る。
即清寺 4

即清寺 5
   像(山門)

即清寺 6
   左から慈母観音像に本堂と鐘楼   即清寺

即清寺 7
   本堂と鐘楼   即清寺

| rihaku | 青梅市の寺 | 21:31 | comments(2) | - |
天寧寺 2 (青梅市)
青梅市の天寧寺(てんねいじ)に行く。
天寧寺は山間にあり惣門、山門、山門の多聞天と増長天の像、鐘楼そして七堂伽藍の配置と見るものが多い寺です。
境内には墓の数(檀家)は多いが、一般の参詣は少なく静かだ。
曹洞宗梅華林高峯山天寧寺、本山は永平寺とのことです。

惣門(天寧寺)
   惣門   天寧寺(青梅市根ヶ布)

天寧寺 1
   手前より山門、中雀門、法堂   天寧寺

山門の扁額(天寧寺)
   山門の扁額

山門(天寧寺)
   山門   天寧寺

多聞天(天寧寺)
   多聞天(山門)   天寧寺

増長天(天寧寺)
   増長天(山門)   天寧寺

中雀門(天寧寺)
   法堂からの中雀門、奥が山門、右側は僧堂   天寧寺
| rihaku | 青梅市の寺 | 21:04 | comments(0) | - |
コウヤマキ (花蔵院)
幹から太い枝がL字に生えて、七支刀(剣身の左右から交互に3個の枝刀が出ている)を連想させるような木を見て気にはなっていたのだが、名前が分からなかった。
樹木図鑑を見ていると、その木が「コウヤマキ」と知る。
さっそく以前「コウヤマキ」を見た青梅市友田町の吉野街道沿いにある花蔵院(けぞういん)に行く。

植物コウヤマキ(高野槇)  コウヤマキ科コウヤマキ属
図鑑に「真言宗の総本山として知られている高野山に多かったのでこの名がある。」とあります。
扁額(花蔵院)
  本堂の扁額   真言宗豊山派 花蔵院

コウヤマキ 1(花蔵院)

コウヤマキ 2(花蔵院)
   コウヤマキと本堂   花蔵院   

先日(2月28日)の地蔵院の境内にもコウヤマキがあり、写真を撮ったのだが名前が分からないので記事には載せなかった。
コウヤマキ(地蔵院)
   コウヤマキ   地蔵院
| rihaku | 青梅市の寺 | 20:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
乗願寺 (青梅市の寺)
乗願寺(じょうがんじ)は青梅線東青梅駅から徒歩10分の青梅線沿いの北側にある。
山門に上がる階段の途中にある寺の案内板には「勝沼山乗願寺 神奈川県相模原市当麻・無量光寺(時宗)の末寺で本尊は阿弥陀如来である」と書かれている。
山門を入って左側の墓地の一角にシイの大樹がある。
以前載せた師岡神社と千ヶ瀬神社のシイの巨木 は青梅市の天然記念物になっているが、ここのシイは指定されてない。

扁額(乗願寺)
   本堂の扁額   乗願寺(青梅市勝沼)

手前は青梅線。 電車
乗願寺
   山門   乗願寺

本堂(乗願寺)
   本堂   乗願寺

植物 シイ  ブナ科
シイ(乗願寺)
   シイ   乗願寺

「緑化するー次世代の作家たちの変革ー」とのイベントで青梅市のいろいろの場所に展示されている作品の一つ。
乗願寺の墓と続いてる林に展示してある作品。(乗願寺の敷地なのでは)
おばけ? 作品名は「その復活のために」です。
作品(乗願寺)
   「その復活のために」   乗願寺の敷地?にて

 [追記] 時宗(じしゅう)は1274年一遍によって開創された浄土教の一門。  2006.11.23

| rihaku | 青梅市の寺 | 20:47 | comments(2) | trackbacks(0) |
清宝院 (青梅市の寺)
清宝院(せいほういん)は釜の淵公園の近く、青梅街道から吉野街道に入る街道沿いにある。
街道から階段を上がり、山門の先にある案内板には「古くは清柳山清宝蜜院と号す。古義真言宗醍醐派を称す。・・・・・・・本尊不動明王、こんがら童子、せいたか童子は・・・・・・・成田山新勝寺の本尊を五尺の御姿に写したものである。」と書かれている。
この寺に青梅七福神の一つ恵比寿が祀られているのですが、どこに置かれているのか分からなかった。
今日の清宝院(恵比寿)で青梅七福神が祀られている七つの寺を、このブログで記事にしました。
ほかは明白院(福禄寿)、宗建寺(毘沙門天)、延命寺(大黒天)、聞修院(寿老人)、玉泉寺(弁財天)、地蔵院(布袋)です。
青梅七福神めぐりなどする気はなかったのですが3〜4の寺の記事を書いていると、7つの寺を訪ねる気になる。

扁額(清宝院)
   本堂(清宝院)の扁額   青梅市青梅

山門(清宝院)
   山門   清宝院

本堂(清宝院)
   本堂   清宝院

本堂の左に毘沙門天(多聞天)の石像がある。
毘沙門天
   毘沙門天   清宝院

半兵衛大黒天と神変大菩薩が一緒に境内の一画に祀られている。
この半兵衛大黒天は「当院の下を流れる多摩川の川中よりひろい上げたものである。・・・・・・・江戸時代に半兵衛屋敷にまつられていたものである。」で、神変大菩薩は「江戸時代初期に奉納されたもの。」だそうです。
隣には稲荷大明神もある。
半兵衛大黒天
    神変大菩薩と半兵衛大黒天  清宝院
| rihaku | 青梅市の寺 | 20:46 | comments(3) | trackbacks(0) |
明白院 (青梅市の寺)
明白院(めいばくいん)は青梅線宮ノ平駅の南徒歩約6分、青梅街道沿いにある。
本尊は将軍地蔵の曹洞宗の寺で、山号は日向山。
寺には青梅七福神の一つ福禄寿が祀られている。
明白院の山門を入ると左手に米俵をかついだ狸の石像がありますが、その石像の由来は『その昔、庫裡の天井裏で狸の屍が見つけられた際、その周囲にはたくさんのお米と小さな福禄寿の御像が三躰あったので、当時の和尚さんが鄭重にこの三躰(現在は一躰のみ)を祀り米俵をかついだ狸の石像を建立し供養されたといいます』だそうです。

扁額(明白院)
   明白院本堂の扁額   青梅市日向和田

カヤ葺の山門は歴史があるようですが、門前の松との調和がよい。
明白院山門
   山門   明白院

本堂のガラス戸に開山堂の落慶式(左側に新築されている)を11月11日に行うとの張り紙がある。
本堂(明白院)
   本堂   明白院

福禄寿は本堂に祀られている。
福寿録の高さは約2mはありそうだ、一見したときには不気味な感じを受ける。
福禄寿
   福禄寿   明白院

山門を入るとすぐ左にある。
タヌキ石像
   タヌキの石像   明白院
| rihaku | 青梅市の寺 | 20:45 | comments(2) | trackbacks(0) |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

bolg index このページの先頭へ