blog index

山中問答

東京の青梅市よりローカルなブログ
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
『天皇誕生』を読む
遠山美都男著『天皇誕生 日本書紀が描いた王朝交替』中央新書 を読む。
天皇に関しては知識と興味はなかったのですが、この本を読む気になった経緯は、図書館の新刊書棚にあった『古事記と日本書紀』(多田元 監修、東西社)を何気なく手に取ったことからです。
『古事記と日本書紀』にはイラストが多く入れてあり、古事記と日本書紀がどのような内容の本なのかも知らない私にも理解できるように書かれていた。
続いて『偽りの大化の改新』(中村修也著、講談社現代新書)を読む。
そして図書館で『天皇誕生』が目にとまり読む気になる。
この本に書かれているのは日本書紀の神武天皇から武烈天皇までの物語です。
本は各節の初めに囲みのなかに『日本書紀』の物語のダイジェストがあり、続いて読み解きがされている。
物語のダイジェストは解りやすく書かれています。
内容は神武天皇に始まり応神天皇に終わる物語と、仁徳天皇に始まり武烈天皇に終わる物語の二つのまとまりになっている。
『天皇誕生』は古墳時代の天皇が権力者に上りつめる過程と、その周りに起きる争いの物語である。(継体天皇以後、持統天皇までは書かれていない。)
『日本書紀』の天皇の系図には作られた天皇が多いようです。
その作られた天皇のなかにも争いの物語があり、ましてや実在とされる天皇が即位されるまでに後継者争いがおきることがあり、即位してからも権力者階層内での争いは尽きることはないようだ。(権力内の争いは『日本書紀』の中大兄王子=天智天皇が書かれている「偽りの大化改新」に詳しい。)
この本『天皇誕生』の基になっている『日本書紀』は天皇家や各氏族の歴史上での位置ずけを行うの目的で書かれたのでしょうが、この本を読み、思ったことの一つは次のことです。
どのような集団でも意見の違いがおきます。
権力をもつ階層内の意見の違いは、そのことが階層内でのそれぞれの利害を伴うので争いは激しくなる。
その争いはあくまでも権力を持つ階層内の争いであり、外に対しては階層全体の利益を守ることでは一致する。
そのようなことで権力を持つ階層が自ら解体していくことはなく、外からの改革の力(革命に近いような改革、例えば日本史の平安時代、鎌倉時代のように時代区分され支配層が変わる)が働かないと階層は世代を継いで固定してしまい、争いはおきるのですがその階層内の争いだけで終わってしまうようです。


| rihaku | | 19:22 | comments(0) | trackbacks(0) |
「牧野植物図鑑の謎」に思う
牧野富太郎に関しては名前と、本屋か図書館で牧野の名が付いた植物図鑑(「牧野日本植物図鑑」)を見たことがあるぐらいで、あとは漠然と著名な植物学者ぐらいのイメージしかもっていません。
そのようなしだいで牧野富太郎に関する本は読んだことはありませんが、ブログで野草の記事を載せていることによるのでしょう、図書館で本「牧野植物図鑑の謎」が目にとまり読む気になりました。
その中で特に興味を引いたのは第二章の「第二の謎 植物図鑑は牧野富太郎の発明品か」です。
(その謎は「18日の記事」 の記事に通じるように思うのですが・・・・・・?)
第二の謎で提起する疑問点は
「 慄厂鄂∧図鑑』の前身である『植物図鑑』で、「図鑑」という言葉が初めて使われた。
△修痢愎∧図鑑』は、いわゆる「図鑑形式レイアウト」を初めて採用した。
その『植物図鑑』の初版が発行されたのは明治40年(1907年)である。
い修痢愎∧図鑑』の著者は牧野だから「植物図鑑は牧野博士の発明品」である。
しかしながら私が古い植物図鑑に興味をもち、いろいろな資料を調べてみると、この4点に集約される「植物図鑑は牧野博士の発明品」という考え方は、疑問だらけであることに気がついた。」
である。
そして「『植物図鑑』の初版発行は明治40年か」の項では九種類の「牧野富太郎年譜」に当たって確認するのだが、『植物図鑑』以外の件で(a)〜(e)と内容を記して、共通の誤記または欠落があると書き
「このような共通の誤記または欠落は偶然の一致では説明できない。ということは、これらの年譜を掲載した編集者は、失礼ながら、牧野の著者を現物で検討することなく、先行する年譜を無批判に引用または孫引きしたといわざるを得ない。・・・・・・・・・元になった年譜が何かの勘違いで、『植物図鑑』の発行年代を明治40年と誤記すると、すべての年譜が右にならえとなってしまったのではないか。」
そして「肥大化した偉人伝説」の項で
「というわけで、私は「植物図鑑は牧野博士の発明品」という説は、牧野を敬愛する人びとの善意から生まれたものだと思っている。しかし歴史的なことは、事実は事実としておく必要がある。「植物図鑑は牧野博士の発明品」というのは、偉人伝説に類するのである。」
と書いています。
著者の説が正しいのかは分かりませんが、指摘されているようなことは他の分野でもあるのではないでしょうか。

本平凡社新書「牧野植物図鑑の謎」著者 俵浩三 発行所 株式会社平凡社


| rihaku | | 19:16 | comments(0) | trackbacks(0) |
「田原総一朗よ驕るなかれ」
本「田原総一朗よ驕るなかれ 佐高信の政経外科次弸換眇[著] 発行所 毎日新聞。
佐高信の本をはじめて読む。
第1章の「翼賛マスコミの象徴としての田原総一朗」が書き下ろしで、他は週刊誌などに出された記事。
「小泉の御用達記者・田原総一朗へ」では
「小泉純一郎御用達の田原総一朗、田勢康弘、そして猪瀬直樹の三人を私は“御用達記者”と呼びたいと思います。」
と書かれている。
田勢とはどのような人だか知りませんが、あとの二人はテレビで見た限りではそのとおりだと思う。(田原などの番組は見る気にならず、あまり見てはいませんが)
「安部晋三、中川昭一氏への手紙」では
「『政治家は自分でも、こんないい商売はないと思っているのだろう。だから、せがれにやらせるんだろう。政治家は、本当は、こんな苦しい仕事はせがれにやらせたくない、というのが親心であるべきだ。ところが、死んだらせがれにやらせたがる。このごろは死ななくてもやらせたがる奴がいるよ』
あなた方は先輩の鯨岡(兵輔)さんのこの痛言に反論できますか。安部さんは党改革をめざしているようですが、それは世襲廃止から始めるべきですね。そこから出発しないで改革を主張してもそれは絵空事でしょう。」
とあります。
常々疑問に感じているのですが、全国会議員でも世襲の割合は多いのでしょうが、特に有力議員と呼ばれている人たちには2世、3世が多いのがめだちます。
選ぶ側にも問題はあるのでしょうが、『こんないい商売』はほおって置けば議員ですら世襲に向かってしまうのでしょう。
一般に利益が伴えばその特権を自ら手放すことは期待できない、そして議員の一面は利益団体などの代表でもありますので、そのことでも強固な地盤ができてしまうのだろう。
そのほかマスコミでおなじみの人物をストレートで批判しており、拍手その勇気には感心します。
「吉永小百合さんへの手紙」では
「私はサユリストではありませんが、同じ昭和二〇年生まれとして吉永さんに勝手に近親感をもってきました。」
とあり著者の年齢を知る。
| rihaku | | 19:24 | comments(0) | trackbacks(0) |
「昭和レトロ商店街」
本「昭和レトロ商店街」(ロングセラー商品たちの知られざるヒストリー) 著者 町田 忍  発行所 株式会社 早川書房
この本で紹介されている商品で私が飲食をしたり使用したことがない品はいくつもありますが名前だけは知っている。
紹介されているいくつかの例を挙げます。
「ケロリン」、私は使用したことはなのですが銭湯の風呂おけで馴染みがあります。「ケロリン」が作られた当時は鎮痛剤は液体しかなく、持ち運びや保存に不便であったのを粉末にして、ケロット痛みが治るので開発にあたった人が「ケロリン」との名前を考え出したそうだ。
そしてこの本の表紙デザインに使われている「ケロリン」のパッケージは大正時代からデザインがほとんど変わっていないとのこと。
「正露丸」はどのような経緯で製造が始まり、商品名はどうして「正露丸」となったのか。
「ハイトリ紙」(ハエトリではなくてハイトリ)は昔よく飲食店などに幅5〜6センチ長さが1メートルぐらいの茶色いリボンがぶら下がっていたのをよく見ていますが、どうして茶色になったのか。そして[:ふぅ〜ん:]「もちろんこのハイトリリボンは現在でも発売されているわけだが、実は意外な場所で利用されているという。例えば食品メーカーの製造工場だ。入り口には何十本とぶら下げておくという。この商品は殺虫剤と違い薬品を散布するということはしない。さらに、虫がいるかどうか、バロメーターの役目を果たすという利点もある。・・・・・現在は、タイで生産が行われている。」と意外なことが書かれている。
そのほかにペコちゃんの話など書かれている商品名を知っているので面白く読める。
この本で書かれているのは著者が収集している商品である。例えば納豆のラベルは約3000枚集まっているなどその収集には感心します。
そして著者は製造元に行き商品の歴史を聞いているのがよい。
表紙に「読んで懐かしい商品たち、見て楽しいレトロなパッケージ」と書かれていますが、この言葉に尽きる本です。
| rihaku | | 19:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
おとうさんは田中角栄「熱情」
本「熱情ー田中角栄をとりこにした芸者」著者 辻 和子 発行所 蟾崔娘辧,鯑匹燹
著者と田中角栄との関係は「おとうさんは二十九歳、わたしが二十歳のとき」(1947年)に二号になり、二男一女をもうけた神楽坂の芸者。
花柳界とそのなかで生きる人の考え方の一端を知ることができる。
著者の17〜8才の思い出として次のようなことが書かれている。
「昭和19年(1944年)から20年に入ると、米軍による空襲もいちだんと激しさを増し、神楽坂の火は完全に消えて、あちこちから火の手が上がるようになりました。そんな状況下でもときどきお座敷がかかります。
といっても、神楽坂の外、なにやら高い塀をめぐらした民間の大きなお屋敷での宴会でした。そうゆうところで酒盛りをしているのは、政治家、財閥関係の人、黒幕のような怪しげな人、それにあちはほとんどが軍部の人でした。時節がら、さすがに三味線も踊りもありません。明かりを暗くして、せいぜいお酌とお話の相手をする程度です。・・・・・・・・・・・・
軍の上層部にも懇意にしていただいた人が少なくありませんでしたが、とくに憲兵隊長さんにはよくしていただきました。来られるたびに、石鹸とか缶詰など、何かしらおみやげを持ってきてくださいました。
「困ったことがあったら、なんでも相談しなさい」
怖い役柄に似合わず気さくだ、とても親切な人でした。」
(この憲兵隊長だけが行っていたことではないでしょう怒り
そのほかに「この親切な隊長さんを訪ねて、市谷の大本営まで出かけていったことがあります」など、とんでもない憲兵隊長さんの話。
昭和40年(1965)に神楽坂に350坪以上の土地に家をつくってもらのだが、その土地は「国有地の払い下げを受けたということのようです」とか、香典の額にしても、「お父さんの場合、50万とか100万の単位になるのです」などと書かれている。
そして金脈問題で追及されていたころのことでは
「佐藤さんのことを書いたルポライターは、じつはそれ以前にわたしの周辺を執拗に探っていて、その記事がある女性週刊誌に掲載される寸前だったところを、事前に察知したお父さんが出版社と交渉して差し止めさせたといいます。
わたしはそんなことがあったとはまったく知りませんでしたが、ルポライターの方はわたしへの取材の過程で佐藤さんの存在に気づき、「淋しき越山会の女王」という記事になったということのようでした。」
とあり出版界のいい加減さもうかがうことができる。
この種の本では当たり前なのかもしれませんが多分この本も著者の話をライター(?)がまとめたのではと推測するのですが、読みやすく書かれている。
図書館で借りたのですが唖然反面教師として読むにはよい本です。
| rihaku | | 19:43 | comments(0) | trackbacks(0) |
経済が面白いほどわかる本とは?
本[日本の経済ニュースが面白いほどわかる本」を読む。 著者 清水雅博  発行所 蠱羞仆佝
著者は予備校で、「公民」科目(「政治経済」「倫理」「現代社会」)を“指導”と著者紹介に書かれている。予備校で教えていては講師とか教師とは呼ばれないのだろうか?
内容は予備校で“指導”をしている著者らしく簡潔明瞭に経済を理解するための基本ルールとして「経済を読み解く4つの公式」を冒頭で説明して、その公式を適用して今日の経済現象を説明する。その4つの公式とは次のとおり。
1 物価・景気は流通通貨量で決まる!
2 物価・景気対策は流通通貨量の調節で決まる!
3 為替レート(円高・円安)は国際収支で決まる!
4 輸出・輸入の有利・不利は円高・円安で決まる!
この公式を適用することにより経済をスッキリ理解できるようになり、問題点の対策をとることができると書かれているのですが・・・・・・・・?。
経済の流れでおきる問題は原因が複合的な要因によっており上記の「4つの公式」を用いるにしても、その中の一つの公式で理解して対策をとるのは難しい問題が多いでしょう。見方により何を一番の要因とするかにより対策(政策)が違ってきます。そして対策が決まっても何からはじめるかの問題がおきる。
そのようなことが経済の理解と対策を複雑で難しくしているのでしょうか。
本の後半の章
  「日本経済が直面する重要課題
   ゝ雎曚虜眄赤字と財政再構築 
   超高齢社会における経済問題・年金問題」
ではあらためて日本の経済(財政)の今、そしてこれから先の難しさを意識させられる。ぶー
| rihaku | | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
「韓国偉人伝」を読む
本「韓国偉人伝」梁東準 太田哲二 全順子 著   発行所 株式会社 明石書店。
偉人伝などとの題名の本は歴史の専門家が書くことは少ないようだが、この本の著者も歴史家ではないようだ。
そもそも偉人の選択などは恣意的なものであろうが、この本では次の9人が書かれている。

柳寛順・ユガンスン (三・一運動で獄死した女学生)
乙支文徳・ウルチムンドク (隋の大軍一一三万を破った英雄)
申師任堂・シンサイムダン (韓国人が最高に尊敬する女性)
李瞬臣・イスンシン (豊臣秀吉の野望を砕いた水軍の英雄)
金通精・キムトンジョン (最後の三別抄将軍、フビライの侵略に抵抗)
世宗大王・セジョンデワン (ハングルを創制した名君)
王仁・ワンイン (日本に文字をもたらした百済一の学者)
公開土王・クァンゲトワン (碑文に刻まれた偉大なる功績)
檀君王検・ダングンワンコム (建国神話)

9人のうち4人は侵略に抵抗したり祖国を守った英雄が選ばれているが、多分そのようなことは韓国特有なことではないだろう。歴史の図録を見るならば大陸、特にユーラシア大陸の国々の歴史は侵略と抵抗の歴史でもあるのだから、それぞれの国には侵略から祖国を守った英雄が多くいて語り継がれているのではなかろうか。
もちろん限られた数の偉人伝にそのような人たちを入れるかは著者の好み、歴史観によるでしょう。
比較するに日本の歴史はめずらしいのではないだろうか。侵略はしても侵略を受けたのは元寇と侵略される脅威を感じたかもしれない幕末ぐらいなのではなかろうか。太平洋戦争の敗戦での連合国の占領(実質はアメリカの占領だろう)があるが侵略されたとはいいがたいだろう。
日本は島国であったこととユーラシアの隅に位置していたことが幸いしたのだろうか。
| rihaku | | 19:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
「中国、なんですかそれは?」を読む
本「中国、なんですかそれは?」著者・小田 空(おだ そら) 発行所・(有)旅行人
を図書館で借りて読む。
巻末には著者の短い紹介記事はあるのだがよく分からないのでインターネットで調べると漫画家とのこと。漫画が本の3分の1ぐらいスペースを占めているのだが、その漫画に馴染むにはページがだいぶ進んでからであり、それから漫画を楽しむことができた。著者は中国には長く?住んだようであり日常生活で出会う中国と日本の生活習慣との違いを鋭い目?での観察をユーモアを交えて書いている。
例えば
『延安で暮らしはじめたその春に、繁華街のまばらな人ごみの中で、前方から歩いてくる若い女の人に目が釘付けになったことがあった。そのおでこに、人差し指と親指でつくったくらいの大きさの、赤黒い円形のアザのようなものが刻まれていたのである。
そ・・・・・・・・。それはまさに奇跡的に珍しい、コンパスで描いたような天然の身体的特徴なのか?あるいはそれも新手のオシャレなのか?
と思いきや、ほどなくして、実はその不思議なアザをつけて人は一人だけでは全然とどまらず、その後町へ買い物に出かけるたびにちょくちょく見かける、延安ではさして珍しいモノではないことに気がついたのであった。』
それは「化缶」(フォグアン)という中国の伝統医療の一種。おちょこの丸いようなものの中に火をつけて、体に押しあてると火が消えて中が真空になり肌に吸いつく、いわゆる吸い玉療法。その跡が残っているのである。
『普通は腰とか背中とか、服で隠れている部分にしないか?一番目立つ顔の、それもおでこの正面なんかにアザ作って人目は気にならないのか?その感性は日の丸より謎であった。
「いえ別に。一週間もすれば消えてしまうし、なによりも頭痛と肩こりにはとても効きます」
と、誰も気にする様子はない。はぁ〜そんなもんですかね〜。いや、しかし・・・そうはいっても・・・、ね〜、いくらなんでも。
しかしそこで、かってポーランド人に「日本人はどうしてマスクなんかつけて平然と町を歩けるのか?」とつっこまれたことを思い出した。
彼らにしてみればマスクというものは病院や研究所で使われる特殊な衛生用具で、それを生活の中で日常的に使うという感性は理解できなかったらしい』(著者は98年から1年間延安で日本語教師をしている。)
のような観察眼で書かれている。
あとがきでは『日々刻々と進化し続ける現代中国、日本の二六倍の面積を擁する中国の、おだの目を通して切り取った1部に過ぎなく、「これが中国だ」というような受け取り方をされないように注意されたい。』とは書かれているが旅行者には見えなかったり又見ていても見過ごし気がつかないような一面を知ることができ、そして視点が面白い。(引用ばかりで気が引ける記事になりました)冷や汗
| rihaku | | 20:01 | comments(0) | trackbacks(0) |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

bolg index このページの先頭へ